12月12日の夜。
新宿ぶらぶらしてて、1人で麻布でも行こうかなと思ったけど、気むかんし、ひろき君に電話して家行った。
映画観てたら、ひろき君のお兄さん帰ってきた。
翌日、お兄さんは早朝から出勤。
ひろき君と私は休み近くのパン屋で朝ご飯買って、ゆっくりしてたらなんとなくそういう雰囲気になって、キスから始まって、私は「そういうことする関係じゃないでしょ?」って言いながら、一旦制止したものの、「嘘言ってると思う?俺は満月が好きだよ。満月は俺のこと、どう思ってるの?満月は元カレの話してくるじゃん?ふっきれてないのは満月でしょ?」とか聞き慣れない関東弁で言われて、そのまま流れに任せて身体を合わせた。
それから、私たちはクリスマスの夜、カップルになった。只今勤務中。キャバクラで働いてるから、酒のむ毎日がしんどい。
ひろき君から突然のメール。
「やっぱり忘れられないヤツがいるから、別れよう。自分勝手でゴメン」
このメールがきてたのは、土曜日の夜中零時になる前。
でも携帯の電池がなくて、メールを見たのは夜明けの六時前。
club帰りマクドでこのメールを見た瞬間、凍りついた。「またこのパターンかよ」って思った。
以前の代々の元彼氏にも、忘れられない人がいた。もう慣れっこなはずやった。
でもなんかかなりショックで、朝マック一口かじっただけでポイッして、猛ダッシュ!!!!寒さなんか感じひんくらいにダッシュ!!!!ひろき君の家に行って、カバン投げつけた。

満月:どういうことよ?!!今さっき、メール見たわ!!!!

ひろき:冗談だよ。冗談。

満月:ハッッ?!!冗談???!!!わけわからんねん!!そんなに別れたかったら、別れたるわ!!!

ひろき:しつこいね?冗談だって、言ってるでしょ?

満月:しつこいって、ひろき君があんなメールするからやろ?!!!あんな内容見たら、普通聞くやろ?!!

ひろき:はぁ・・・。俺ん家においてある荷物まとめて帰れば??

満月:ハッ?じゃあ、ホンマに別れんの?!それでいいん?!忘れられへん奴おんねんやったら、最初から好きとか言ったり、付き合わんかったらよかってん!!

ひろき:だよね・・・。正直に言うとね、元カノから電話かかってきて、恋愛相談されてたの。元カノの交際相手が既婚者で、不倫相手にされてんの。っで、やっぱり俺しかいないって、より戻したいって言われたの。満月はまだ若いから、俺がいなくても良い出逢いがたくさんある。でもあいつは歳も歳だし、夜の仕事してるから、四年付き合った俺しかいないのかなって思ったんだよ。でも満月が色々な素敵な男性と出逢っても、俺は満月といたいと思ったから、あいつにはね、今好きな人がいて付き合ってるから、より戻すことないし、
会わないってちゃんと言ったから。だから別れようは冗談だよ。

っていう会話で、まとまった。だから別れてない。まぁ、元カノの存在気になるけど、もし元カノ選んだら、それは悲しいけど仕方のないこと。