R18オンラインゲームと恋愛小説を愛す

Category: 書き下ろし小説 (page 2 of 2)

【小説】LOVE in 東京(5)

まぁ、前よりは生活改善されてきた。
最近、考えてんのは、東京で正社員の仕事を探そうかなと・・・。
正社員やったら、月給保証やから安心。
お金足りひんくて、キャバせなアカン事も無くなるしさ。
ただ正社員になるにあたって、何の仕事に就くかを考えてるねんな。
今、私は何がしたいのか。目標を見失ってる気がするねんな。
来年の5月から、ひろき君と同棲する予定がある。
だから貯金せなアカン。でもイマイチ、私自身が同棲したいのかわからへん。
まだいろんな事したい。
最近、また強く思うことがある。それは海外に行きたい。英語を完璧に近い能力まで上げたいって思い。
なんか私って、これだけは誰にも負けへん!って事なくて、だから自信ないんかな?って。
だから、自分のために英語頑張りたいねんな。
有名人になりたいって思ったんは、Jに負けたくなかったから。
元彼のヒロに後悔させてやりたかったから。
というか、悔しかったから。
それを除けば、芸能人には興味ないんかもしれん。
芸能人になるのに必要なのは、大金と身体とコネ。
実力は5%以下くらい。
夜の仕事してると、フジテレビの部長とか、関西電力の社長とか、
NTTの部長とか、組のカシラとか、いろんな人に知り合う。
みんな口をそろえて言う。
興味程度の思いなら、芸能界はやめとけ。
機会があれば、チャレンジしたい。
でも、身体を売ってまでなりたくない。
周りは危ないことがいっぱいある。
マリファナ吸ってる知り合いもおるし、薬やってる知り合いもおる。
あえて自分からはかかわらへんけど、道をそれて、楽な方に流されるのはめちゃ簡単。
でも、そんな生き方はしたくないねん。
真っ直ぐしっかりと、真面目に生きるのはすごく難しい。
辛い時もあるし、簡単なことじゃない。
何が正しいかなんて答えはないけど、自分らしい正しい道を歩みたい。
8月4日で30歳になったひろき君とは、いまだに付き合ってる。
でも最近、よくこのまま付き合ってていいんやろか?って考えることが多々ある。
「愛してる」とか、簡単に言えるもんなんかなって・・・。
そのときくらいに、ひろき君の携帯を見てしまって、キャバの女と他に二人くらいおるんわかった。
だから、相変わらず私はイライラしてるし、ひろき君と会うと常にキレてる。
一緒にいてても、楽しくなかった。

【小説】LOVE in 東京(4)

これは頑張って、痩せねば!!!!サイトの占いした。
そしたら・・・あなたの異性トラブルは「ふた股」⇒診断結果の続きって・・・でた!
ん?!ハズレてはない!!!正直な話、前、浮気したことないって偽善者ぶった。
今やから言えるけど、浮気したことある・・・。
でも「浮気は癖」っていうやん??あれはね・・・正解やなと思う。
なかなか、なおらんよね。
友達やと思ってる人には、関係性が大事やから正直に言う。
でも友達やと思ってない人には、彼氏おること言わん。
だって、どうでもいいから。
まぁ、こんなん書いたら、最低やと思われてるかもしれん。
でもさ人間てな、正直な話、自分勝手やから。
その日の気分にもよるし、めっちゃイイ考え方するし、めっちゃヒドい考え方もするもんや。
・・・って考えたら、相手に浮気された時、楽になれるんかなって思ったりね。
今また、ひろき君の元カノからひろき君に電話かかってきてん。
GWに大阪、京都にひろき君と旅行いくけど、なんかさ・・・この気持ちわかる?笑ビミョーやねんな。てか複雑。
昨日の夜に焼き肉一緒に食べに行って、その後六本木のクラブに行こうかとひろき君が提案した。
一度、ひろき君の家に戻って、終電に乗るまで時間あるから一休みしようってことになった。
焼き肉の油で胃がもたれたって言い出して、でもチャッカリ、
ヤることはヤって、終電時間近くなって
「もうそろそろ行かないと電車間に合わへんで!!」
って私が言うたら、
「俺はいいよ。俺はもう寝るから、満月一人で行ってきな?」
って言い出した。
前も映画行くって言うてたのに、急に夕飯だけ食べに行こうとか言うて、
結局映画行かんかったやん!」
「わかったよ。じゃあ、明日映画行こうよ?」
っで・・・今日。
もう夕方・・・。
昼前に起きたと思ったら、またヤって、今もまた寝てる。
かなりイライラする。
予定たてたのに、その通りに動かんの嫌いやねん。
で最近やたら、イライラするから、今グレープフルーツ食べてる。
ハァ・・・。疲れる・・・。
大阪帰って、気の知れた友達に会って、パァッとストレス発散したい!!
今日は、吉祥寺って場所。キャバのヘルプ中。
前に体入したキャバで、たまぁにスタッフが足りひん時に連絡くるから、全額日払いやから、手伝う程度。
本入はもうええわ。
とりあえず、日払い可能な普通のバーか、居酒屋のバイト探して、
今してる昼のバイトも続けつつ、なんとかして普通の仕事に戻そう!!
昼のバイトも不景気やから、シフト減らされて大変やねんな。
週5で入れるならいいんやけど、週3くらいやから、今のバイト一本じゃ生活維持できひん。

【小説】LOVE in 東京(3)

でも、私をえらんでくれた。休みの日は酒いらん。都心部に住みたいなぁ。
今都心部から一時間かかるから、大変やねんな。夏には引越ししよ。
ってか、このブログリアルすぎるよな?笑でも必要なことやと思ってる。
自分に正直になることって難しいけど、見つめなおせるやん?なんかさぁ、携帯恋愛小説にでれそうじゃない?笑って後にドラマ化される。ないない。
あ~このまま夜の仕事続けたら、夜の世界の匂いがしてきそうで嫌。
匂いって、雰囲気のことやで。
でも月払いと日払い両方必要やから、頑張らな。頑張って借金返していかな。
昨日ってか、一昨日か。ひろき君と横浜行って、ハワイアンジュエリーのリング買ってもらった。
誕生日プレゼントなり、焼き肉連れて行ってくれたし♪バングルとリングどっちにしようか悩んだんやけど、ひろき君が「リングの方がいいよ」って言ったから、リングにした。
左手の薬指にはめたら、恋人おるってわかるから、リングすすめたんはある意味、男除けなんかな?って思った。
そう思ってくれてたら、嬉しいけどなぁ。
私の勝手な妄想やったら、ただの寂しい子やん。最近、週末はひろき君の家にお泊まりしてる。
ひろき君はお兄さんと住んでるから、若干気を使うけど、でも一緒にいれてくっついて寝れるの幸せやな。
なんかなぁ~後ろから抱きしめて、寝てくれるねん。
それが守られてる感があってすごくいい。
あっっ!!!!ごめんゴメン!!!ちょっとのろけてみた。
日曜日の夜中は、月曜日のひろき君の弁当作りしてる。
私ってさぁ、本気で好きになると料理をやたら作る癖あるよな。元彼のヒロと付き合ってた時も、会いに行く度にご飯作ってさ、私が大阪帰る前日にはストック分のおかず作り置きしてさ・・・。
頑張ってたよな(笑でもさ・・・尽くせば尽くすほど、相手は余裕ができてきて、私をほったらかしにする。
だから、あまり尽くしすぎないようにって考えてる。
私さぁ、スタイル良くないしさ、めっちゃ可愛くもないしさ、頭めっちゃいいわけでもない。
だから料理つくってあげるとかしか、自信ないからさ。
そうでもしないと、私の良いとこって魅力的なとこってどこ????ってなるから・・・。
ひろき君の元カノには、年数では今は勝てない。
だけど精一杯、私の好きって気持ちを伝えたい。
さっき元彼のヒロになんとなくメール作成してたら、いきなりひろき君から着信あって、かなりビックリした。
私、お弁当作ったから、そのお礼やった。
「今、時間いい?弁当ありがとう。おいしかったょ。CHU!」って冗談言うてた。
笑 でもなんかさ、今は私にはひろき君がいるんやって思えた。
ひろき君・・・タイミング良すぎやし。まぁでもさ、そのタイミングが運命じゃない?恋愛って、タイミングが運命を生み出すと思うねん。
ある日、ひろき君と行ったラーメン屋に、やたらべっぴんさんがおった。
あきらか、ひろき君のタイプやなぁと見た瞬間思った。
ラーメン屋出た後に、私から「ラーメン屋のねえちゃん、べっぴんやったなぁ!!」って言うたら、「でしょッ?!!」って言うてきたから「ん??」って思って聞いてたら、「満月と出会う前に話しかけたんだよ。23歳だってさ。
ひさしぶりに見たけど、イイ女だったね」ってやたら言う。
正直ちょっと拗ねた私(笑)だって、私が見てもイイ女やったから、悔しかった。

【小説】LOVE in 東京(2)

12月12日の夜。
新宿ぶらぶらしてて、1人で麻布でも行こうかなと思ったけど、気むかんし、ひろき君に電話して家行った。
映画観てたら、ひろき君のお兄さん帰ってきた。
翌日、お兄さんは早朝から出勤。
ひろき君と私は休み近くのパン屋で朝ご飯買って、ゆっくりしてたらなんとなくそういう雰囲気になって、キスから始まって、私は「そういうことする関係じゃないでしょ?」って言いながら、一旦制止したものの、「嘘言ってると思う?俺は満月が好きだよ。満月は俺のこと、どう思ってるの?満月は元カレの話してくるじゃん?ふっきれてないのは満月でしょ?」とか聞き慣れない関東弁で言われて、そのまま流れに任せて身体を合わせた。
それから、私たちはクリスマスの夜、カップルになった。只今勤務中。キャバクラで働いてるから、酒のむ毎日がしんどい。
ひろき君から突然のメール。
「やっぱり忘れられないヤツがいるから、別れよう。自分勝手でゴメン」
このメールがきてたのは、土曜日の夜中零時になる前。
でも携帯の電池がなくて、メールを見たのは夜明けの六時前。
club帰りマクドでこのメールを見た瞬間、凍りついた。「またこのパターンかよ」って思った。
以前の代々の元彼氏にも、忘れられない人がいた。もう慣れっこなはずやった。
でもなんかかなりショックで、朝マック一口かじっただけでポイッして、猛ダッシュ!!!!寒さなんか感じひんくらいにダッシュ!!!!ひろき君の家に行って、カバン投げつけた。

満月:どういうことよ?!!今さっき、メール見たわ!!!!

ひろき:冗談だよ。冗談。

満月:ハッッ?!!冗談???!!!わけわからんねん!!そんなに別れたかったら、別れたるわ!!!

ひろき:しつこいね?冗談だって、言ってるでしょ?

満月:しつこいって、ひろき君があんなメールするからやろ?!!!あんな内容見たら、普通聞くやろ?!!

ひろき:はぁ・・・。俺ん家においてある荷物まとめて帰れば??

満月:ハッ?じゃあ、ホンマに別れんの?!それでいいん?!忘れられへん奴おんねんやったら、最初から好きとか言ったり、付き合わんかったらよかってん!!

ひろき:だよね・・・。正直に言うとね、元カノから電話かかってきて、恋愛相談されてたの。元カノの交際相手が既婚者で、不倫相手にされてんの。っで、やっぱり俺しかいないって、より戻したいって言われたの。満月はまだ若いから、俺がいなくても良い出逢いがたくさんある。でもあいつは歳も歳だし、夜の仕事してるから、四年付き合った俺しかいないのかなって思ったんだよ。でも満月が色々な素敵な男性と出逢っても、俺は満月といたいと思ったから、あいつにはね、今好きな人がいて付き合ってるから、より戻すことないし、
会わないってちゃんと言ったから。だから別れようは冗談だよ。

っていう会話で、まとまった。だから別れてない。まぁ、元カノの存在気になるけど、もし元カノ選んだら、それは悲しいけど仕方のないこと。

【小説】LOVE in 東京(1)

カチカチ・・・。ブログ作成中の私、満月(みつき)。いきなり彼氏ができたことに驚きの人がいると思うから説明しまぁす。
芸能界に入ることを夢見て、大阪から東京に引っ越して、約一ヶ月。
ひろき君とは、麻布のalifeというクラブで、11月14日に知り合った。
私は1人でクラブ行った日で、ダンスホール見に行こうと思ってたらパッと目が合って・・・。
内心、≪アカンアカン。
男前やけど、クラブにおる男は遊び人ばっかやからヤバい!!無視や無視!!!》と思って目線そらして素通りしようとしたら、パッと手首つかまれて『よかったら一緒に飲まない?』って言われて、ひっぱられるがままにソファ席へ誘導され、シャンパン3本くらいあけて、2時間ほど会話した。
お互いの番号交換して、『今酔ってるやろうから、シラフに戻った時に私のこと覚えてたら、連絡してきて』って言うてバイバイ。
元彼のヒロと別れてから、クラブ行くようになって、やたら遊んだってか、寂しさのあまりタイプやったら、ホイホイついて行きすぎた。
でも、もう二の舞は踏むものかと思って、自分にも男にも厳しくいこう思った。
一週間が過ぎようとしてもひろき君から連絡ないから、やっぱりクラブで出会ったくらいやからどうでもいいんやろなぁと思って、あきらめようとしたけど、なんかあきらめつかんくて、なんか目が合った瞬間の直感を信じて私から電話かけた。
電話かけたら最初でやんくて、かかってきてでた。
それからメールするようになり、11月29日の夜会うことに。
新宿のイタリアンレストラン予約してくれてて、3時間くらいいて、カラオケいったら終電なくなって、これはヤバい方向では?!って思ってたら、『俺ん家近いけど、俺が変な気起こして襲ったらダメだから、お金出すからインターネットカフェなりで過ごして』ってひろき君は俺は帰りますみたいな感じやったけど、『そこまで気使わんでええよ!インターネットカフェなら一緒におったらええやん?』
って私言うて、2人でインターネットカフェ行った。
ひろき君は翌日仕事やったけど一緒にいてくれて、なんも手ださずに無事に何もなく、翌朝バイバイ。
12月10日の夜、居酒屋行った。
普通にバイバイしてんけど、私が最終電車逃して急遽、ひろき君の家に泊めてもらうことに。
ひろき君はまた翌朝仕事やのに・・・。
キスされたけど、それ以上はなかった。

Newerposts

Copyright © 2017 R18オンラインゲームと恋愛小説を愛す

Theme by Anders NorenUp ↑